プレミアリーグサッカー豪門であるリヴァブールユニフォーム

リヴァプール-“決して1人ではない”

リヴァプールのサボータ一、レッド•アーミーの一員になるということは、決して1人ではないとい う保証を得ることだ。1892年創設の、このマー ジーサイドのクラブのアンセムとモツ卜一に表現 されている通りに。

liverpool-17-18-home-kit-2

リヴァブールのユニフォームを着た選手は、自分が重いものを背 負っていることに気がつく。選手は、ヘイゼルの悲劇とヒルズ ボロの悲劇の犠牲者の記憶を尊重しなければならない。前者は 1985年5月29日、スタジアムのフェンスと擁壁が崩壤して39名 のサボ一ターが犠牲になった事件。後者は1989年4月15日に立 ち見席が崩落して96名のサボーターが死亡した事件である。

プレミアリーグのリヴァプールは1896年になって、お隣のライバルクラブ、エヴァ一トンが誇る青と白のチームカラーをやの、赤いユニフォームを採用した。また、半身はウ、半身はワシという想像上の鳥、ライヴァーバードの像は、リ ヴァブール市のシンボルとして使われるもので、1955年にユニフォームに加えられ、その後1987年に記章しもなった。エンブレム両脇の炎は、ヒルズボロの犠牲者を記念する。1992年からは、クラブのモットー、ユー ノレ•ネヴァ一•ウォーク•アローン、すなわち「決して1人ではない」も、ライヴァー バードを囲む盾型の上に記されている。

勝利のリヴァプール赤

リヴァブールの成功がユニフォームの色のおかげだと言ったらどう思われるだろ うか。多くの人にとって、これはバカげた単純すぎる仮説に聞こえるだろうが、 実はイギリスのダラム大学とプリマス大学の科学者たちが2008年に唱えた説なのだ。

596860ba4fdac512267856

2008年3月12日に発表された研究によると、優勝トロフィーの大多数を、 ア一セナル(13回)、マンチェスター•ユナイテッド(20目)、リヴァブール(18回) の3クラブが持って行くのは偶然ではない、これらのチームはたいてい赤いユニ 7ォームを着用しているからという。研究では、赤いユニフォームは色が引き起 こす感覚反応の点で有利であることが判明した。

この決論に達して、バートン博士とヒル博士は、主催チームがチ一ムカラ一を着用するホームゲームに着目した。 明らかになったのは、赤を着るチームは他の色のチームより勝利しやすいという ことである。バー卜ン博士はこの現象の説明となりそうな2つの仮脱を示した。 1つ目は、サポーターは無意謹のうちに赤を着たチームに惹かれやすいという去の、もう1つは赤という色が心理的に有利に働くというものだ。

しかしこの研究 では、リヴァブ一ルとアーセナル、マンチェスター•ユナイテッドが、プレミアリーグでも最大の予算を持つ3クラブであることには触れていない。また、チー ムカラ一通り、青天井の資金を持つかのようなチェルシーが、この10年で3度優勝し、水色のマンチェスタ一シティが2012年にリーグ優勝したことにも、触れて おく価値があるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です